合わないメガネはすぐ調整しよう

度が合っていないメガネによる体調不良の可能性

目が悪い人にとっては身体の一部と言っても過言ではないメガネ、そんなメガネですが、長年にわたり同じものを使用し続けていると体調不良を招く危険性があります。そもそもメガネの寿命は一般的に3年が目安とされています。なぜなら、目の酷使、生活スタイルによって視力は変化するためです。度の合っていないメガネを使用し続けることによる体調不良として、眼精疲労を招き、さらなる視力低下、または頭痛などがあります。メガネは視力を適切な状態にするための補助器具であるため、過剰なもの、過不足があるものでは適切な機能は発揮できないのです。

メガネは自分の身体の一部であり、自分をいつも手助けしてくれるものです。そのことを3年ごとに思い出して欲しいです。

メガネのメンテナンス

メガネは自分の身体の一部、そのことを思い出した時には、3年まだ経っていないからいいやではなく、自分の視界に違和感を感じたなら是非ともメガネを購入したお店に足を運んで欲しいです。そこでお店のプロの方に相談して、視力やメガネのフレームがまだ大丈夫かなどのチェックを受けて、新しいメガネにする必要があるかどうかのアドバイスをもらい自分にあったメガネを使用していただきたいです。メガネもずっと使っていたものであれば愛着が湧くかもしれませんが、とても軽いメガネや誤って踏んだり落としたりしても大丈夫なメガネなど新しく良い性能のメガネが発売されていたりすることがあるので、そういうものに変えてみるものも楽しみがあっていいかもしれないですね。