視力の合わないメガネをかけ続けると、視力が悪化する恐れがある

弱くても強くても駄目

目が悪くて視力の矯正をする場合、一番気をつけなければいけないのは自分に合った度数を選ぶことです。度数が弱くても強くても、目に余計な負担がかかるため、視力が悪化する恐れがあるので気をつけましょう。一度悪くなってしまった視力は、特別な治療や手術を受けなければ回復させるのは難しいです。また、目の視力には左右差があるため、それもきちんと見極めたうえでメガネを作らなければいけません。例えば、右が見えづらく左が見えやすい状況を作ってしまうと、頭痛や肩こりなど視力以外にも身体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるので注意が必要です。視力検査を行えば自分の目にピッタリなレンズを選んで、メガネを作れるため必ず行うようにしましょう。

視力検査を受ける方法

視力悪化を防ぐため自分の目に合ったメガネが欲しいなら、メガネ屋か眼科で視力を測ってもらいましょう。もしも、すでにメガネを持っていて、買い換えたいと考えているときはメガネ屋で測ってもらって大丈夫です。簡単に測るための機械が用意されているので、アッという間に適切なメガネを作るためのデータを取ってくれるでしょう。メガネを作るのが初めてだったりしばらく目の調子を調べていない場合は、眼科を訪れてしっかりと視力検査を受けることをおすすめします。視力検査だけではなく眼圧検査や屈折検査なども行ってくれるため、安心してメガネを購入できるようになります。もちろん、目に問題があるときは治療を行ってくれるので、健やかな状態を取り戻せます。