顔のタイプからフレームを選ぼう

まずはフレームのタイプを知っておこう

メガネを作りたくても、自分にどんなフレームが似合うのかわからないという方も多いでしょう。フレームによってガラリと印象が変わってしまうので、メガネを選ぶ前にまずどのような形が自分に合うのかを知っておきましょう。フレームの種類には主にスクエアタイプとオーバルタイプ、ボストンタイプとウェリントンタイプがあります。フェイスラインによって似合うメガネが変わってきますので、自分がどの顔のタイプに該当するのかをチェックしてからフレームを選ぶようにします。黒目の位置がずれたり、自分のフェイスラインの特徴が強調されるようなフレームではなく、レンズの真ん中付近にちゃんと黒目があり、自分のフェイスラインの特徴を上手に消してくれるフレームを選ぶとよいですよ。

顔のタイプによってフレーム選びをしよう

丸顔の方は、角のあるスクエアタイプがおすすめです。角があることで、丸い顔をシャープに見せてくれます。三角顔の方はあごがとがった部分をカバーするために、丸みのあるやさしいイメージのあるオーバルタイプを選びましょう。四角顔の方も同じくオーバルタイプを選択することで、角ばったフェイスラインをカバーすることができます。面長の方は、天地幅があるウェリントンタイプがおすすめです。天地幅の少ないフレームを選ぶと、面長が強調されてしまうので気を付けましょう。他にもフレームが上下のみしかないハーフリムタイプや、フレームがないツーポイントタイプもあります。フレーム自体の太さによっても印象が違いますので、顔のタイプだけでなく太さにもこだわってみましょう。

眼鏡の鼻パッドの交換は定期的に行うことが必要です。鼻パッドは鼻に当たる部分であることから、鼻の汗や皮脂などで汚れやすいためです。